都市型コンポストプロジェクト

都市型コンポストプロジェクトとは?

Green Journeyが手がける都会に住む人が気軽に続けられるコンポストのシステムの提案です。廃棄となるコーヒーの麻袋を使ったバッグの中に、基材の入った紙袋をお渡しします。いっぱいになったら回収拠点にて新しい基材と交換。回収した基材と生ごみはグリーンジャーニーの自然農畑で堆肥にして活用していきます。このコンポストはマンションに住む人もベランダに置くことができ、回収を利用することで畑や庭がなくガーデニングをしない人でも堆肥のやり場に困ることがありません。また、車のない人でもかわいいコーヒーの麻袋で電車や自転車での持ち運びができます。この都市型コンポストの仕組みによってどれくらいのゴミの減量になるのかを検証するとともに、都会の人が続けられるコンポストの形を見出していきます。


コンポストとは?

コンポストとは生ゴミや落ち葉などの有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させ「堆肥にする」こと。今、捨てている生ごみをコンポストすることで食べ物の循環がくるくると回り、さらに水分の多い生ゴミの焼却量が減ることは脱炭素にもつながります


コンポストプロジェクトができた背景

グリーンジャーニーメンバーは何年も様々なタイプのコンポストを試しては失敗を繰り返してきました。原因の多くは「できた土の使い道がないこと」「入れられる量が少ないこと」「回収拠点まで車なしでは運べないこと」などでした。そこで、これらの問題をクリアしたコンポストを生み出せば、都市部に住む人たちが無理なくコンポストを続けられるのではと考えました。

流れ

1

回収拠点でコンポストキットを受け取ります。

2

基材の入った紙袋の中に、生ゴミを入れます。

3

いっぱいになったら、回収拠点にためた分を持ってきてください。
回収は無料です。

渡辺 晶子

コンポストプロジェクトリーダー

メッセージ

生ごみを資源に変えちゃいましょう!

コース紹介

コンポスト出張講座も大好評

保育園や学校、会社向けのコンポスト講座や、コンポストの設置のお手伝いもしています。近年、会社の食堂など野菜クズが出るところでコンポストを取り入れる取り組みが増えています。食育や環境活動を主体的に感じられるコンポストは意識改革にもつながるチャンス。出張講座では、発酵の仕組みから使い方まで具体的にお伝えしています。こちらではBLUE COMPOSTの高谷裕一郎さんをお迎えしてBLUE COMPOSTの専用ボックスを使用していきます。

出張講座講師
高谷 裕一郎さん

BLUE COMPOST代表

メッセージ

微生物の力を借りて資源を循環させましょう!